食品生理学研究室

Food and Physiological Sciences

平成28年度卒業生「小林歩夢君・遠藤汐梨さん」令和元年度4年次在学生「竹村仁君」の研究成果が口腔科学の専門誌"Eur J Oral Sci"に掲載されました!

投稿日:2019年12月02日

行動学的手法とc-Fos免疫組織化学法を用いて、ルテインが急性炎症に付随する自発痛と中枢神経系において疼痛伝達に関わるニューロンの活動を広範囲に抑制することを明らかとした。ルテインが急性炎症とこれに付随する自発痛の疼痛緩和に役立つことが明らかとなり、補完代か替医療への知見が新たに加えられた。

食品生理学研究室ニュースVol.15_kobayashi,Endo and Takemura.pdf



      キーワードで研究室を検索!


       学科・関連施設から検索!

獣医学科

動物応用科学科

臨床検査技術学科

食品生命科学科

環境科学科

附属関連施設

寄附講座

重点施策事業