臨床繁殖学研究室

Veterinary Obstetrics and Gynecology
臨床繁殖学研究室
 
所属
担当教員

教授 金子 一幸
講師 野口 倫子

場所
獣医学部棟 3階 307号室
研究キーワード
TOPICS

研究内容

家畜は私たちに肉や乳を提供してくれますが、それらを得るためにはまず母畜に分娩させることが必要です。乳牛といえども分娩しなければ乳は出ません。肉牛や肉用豚についても、母畜に分娩させ、その子畜を育てて利用します。ですから家畜を繁殖させることが畜産の出発点なのです。しかし、様々な原因によりなかなか妊娠しない動物もいます。いかに順調に動物を繁殖させることができるかが臨床繁殖学研究室の大きな研究課題です。乳牛は365日間隔で分娩させることが最も経済的なのですが、近年、世界的になかなか妊娠しない牛が増えています。繁殖成績を左右する要因は非常に多く、それらが複雑に絡み合っており単純ではありません。その要因の一つに分娩後の子宮内の状態が良くないことが挙げられています。そのため、現在は牛の子宮内環境がどのように卵巣機能に影響を及ぼしているのかを明らかにすることに取り組んでいます。そのほかに、ブタの繁殖補助技術の開発、犬の人工授精技術の確立や動物園動物の繁殖も研究課題となっています。

先生からひと言

乳牛は分娩をして初めて牛乳を生産するようになります。肉牛や肉用豚の生産においても、母畜に分娩をさせ、その子畜を育てて肉として利用します。したがって、畜産業においては順調に母畜を受胎させることが重要なのです。研究室では家畜の受胎の妨げとなる繁殖障害の原因や治療法の研究、そして繁殖成績改善のための技術開発を行っています。

Movie




      キーワードで研究室を検索!


       学科・関連施設から検索!

獣医学科

動物応用科学科

臨床検査技術学科

食品生命科学科

環境科学科

附属関連施設

寄附講座