微生物学第二研究室

Microbiology 2
微生物学第二研究室
 
所属
担当教員

教授 田原口 智士
助教 藤野 寛

場所
獣医学部棟 4階 406号室
研究キーワード
TOPICS

研究内容

遺伝子操作法はウイルスの研究に新たな展開を与えました。犬・猫のウイルス病の診断・予防・治療の分野においても例外ではなく、若い学生、研究者に喜々とした局面を与えました。ウイルス病の診断は従来の方法では時間がかかり、原因が判明した時には治っていたり、死亡してしまい、あまり役に立ちませんでした。この長年の問題は、DNA診断法により解決されようとしています。当面、私共はこの問題に取り組み、さらに予防・治療の方向に進みたいと考えております。そしてウイルス病の撲滅をめざします。

先生からひと言

感染症を防ぐにはワクチンによる予防法はもっとも有効な手段です。市販ワクチンでは、発症予防は期待できますが、感染を阻止することができない感染症もあります。この場合、ワクチンを投与している個体であっても野外のウイルスに感染します。このような未発症感染動物が原因で感染が拡大する危険があります。このような感染症の感染を阻止するため、免疫・分子生物学手法を用いた感染防御の基礎的データを得る必要があります。



      キーワードで研究室を検索!


       学科・関連施設から検索!

獣医学科

動物応用科学科

臨床検査技術学科

食品生命科学科

環境科学科

附属関連施設

寄附講座