小動物臨床研究室

Small Animal Clinics
小動物臨床研究室
 
TOPICS

研究内容

[ 病理学(斑目)]
1.主要研究項目
1) 中枢神経疾患
2) 検査依頼材料についての病理学的研究

2.教育・指導方針
3年次の入室時点から、毎週、卒業論文作成のための研究テーマに関連したゼミと病理学的診断の基礎訓練としてのゼミを実施している。イヌ、ネコを中心とする検査依頼材料を通して基本的な病理診断手法を習得することが、研究室での最終目標である卒業論文研究のための基盤となると考えて指導している。

3.卒業論文履修方針
1) 中枢神経疾患
2) 検査依頼材料についての病理学的研究

[ 皮膚科学(川原井)]
犬猫の皮膚疾患について、おもに1)皮膚腫瘍の予後に関する因子について、2)アレルギー性皮膚炎の病態モデルの作成、3)附属動物病院皮膚科来院症例の後向き研究と臨床試験、4)皮膚感染症に対する新規治療法の開発を課題に取り組んでいる。学生の自主性と積極性を育み、論理的思考能力がつくことを目標とする。卒業研究の進捗と、科学論文を用いたプレゼンテーションをもとに週1回ゼミを行っている。

[ 腎泌尿器学・臨床外科学(渡邊)]
小動物臨床、特にイヌ、ネコの腎臓病、泌尿器疾患に対する早期診断、画像診断、外科手術法などについて附属動物病院に来院した症例をもとに研究を行っている。また、腎泌尿器疾患に限らず、各種臓器疾患に対する新しい外科手技ならびに臨床的アプローチ法、外科手術時における麻酔や手術侵襲などの生体への影響について検討を行っている。

[ 眼科学(印牧)]
視覚異常に関する臨床分野が眼科学です。視覚情報は生活環境の順化にとって大切な感覚情報で、ヒトとのコミュニケーションにとっても重要です。このような情報に関する臨床問題、とくに白内障、虚血性網膜障害をテーマに研究している。

[ 臨床腫瘍学・放射線治療学(伊藤・圓尾)]
家族の一員であるコンパニオンアニマルの高齢化に伴い動物のがん症例は急増し、獣医臨床腫瘍学の社会的重要性は高まっている。本分野では、附属動物病院腫瘍科での診療データをベースに、以下の臨床的研究を実施している。

1.小動物の悪性腫瘍に対する放射線治療に関する研究
2.犬の化学療法と骨髄移植に関する研究
3.犬の腫瘍診断・治療に関する遺伝子研究
4.その他

小動物臨床研究室は、犬猫等の小動物臨床に係わる5つの分野、皮膚科学、病理学、腎泌尿器学・臨床外科学、眼科学、臨床腫瘍学・放射線治療学で構成されている。主に臨床的研究が中心で、附属動物病院に来院した症例の診断・治療データの解析や新しい診断・治療法の開発など以下の分野で幅広い研究が展開され分野別に学部研究生を募集している。
詳細については上記の指導教員まで連絡ください。



      キーワードで研究室を検索!


       学科・関連施設から検索!

獣医学科

動物応用科学科

臨床検査技術学科

食品生命科学科

環境科学科

附属関連施設

寄附講座